読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識の高いLISPマシン

藤原惟/すかいゆき(@sky_y)の技術用ブログ

OGRE 3Dをインストールしてみた

友人の薦め(というか先生の薦め?)でOGRE 3Dを入れることにした。


とはいっても、デモを動かすまでは
SDK « OGRE – Open Source 3D Graphics Engine
からインストールすればOK。
自分の環境ではVisual Studio 2008が使えるので

をダウンロードしてインストール。


後は、
Page not found | Internet Business
に従ってインストールを進める。

デモの動かし方

Page not found | Internet Business

  1. 「C:\OgreSDK\samples」から、「Samples_vc9.sin」(VC2008版サンプル用ソリューション)を開く。
  2. 好きなプロジェクト(Demo_***)を右クリックし、「デバッグ > 新しいインスタンスを開始」を選ぶ。
  3. 「ビルドしますか?」と聞かれたら「はい」と答えてビルド。
  4. OGRE 3Dのロゴの入ったウィンドウが開くので、以下の設定にしてOKを押すと、デモが実行される。
  • 「Rendering System」を「Direct3D9 Rendering Subsystem」にする。(OpenGLはなんかイマイチ)
  • 「Rendering System Option」から「Full Screen」を選択して、下のリストで「No」に変更。

OGREウィザードの設定

VCのプロジェクト新規作成ウィザードが使えたら楽だよねー、ということで設定します。
ただし、Ogre Application Wizardを設定する段階で、
Page not found | Internet Business
のとおりに進めてもうまくいかなかったので、自分のやり方を紹介します。


以下、ダウンロード先は「C:\workspace\vc9」と仮定します。


1.The OgreConglo Project - Browse Files at SourceForge.net から
「Ogre SDK VC9.0 Appwizard」*1をダウンロードする。

2.解凍する。C:\workspace\vc9の下に「ogresdkwizard90_v1_5_1\Files」(Release 1.5.1の場合)が出来る。

3.VC2008(VC9)の場合は「VC9_Setup.js」を、VC2008 Expressの場合は「VC9_Express_Setup.js」 ダブルクリックする。*2

4.「ogresdkwizard90_v1_5_1\Files」の「OgreSDKAppWizard90.vsz」をテキストエディタで開き、「Param="ABSOLUTE_PATH・・・」の行を次のように変える。

Param="ABSOLUTE_PATH = C:\workspace\vc9\ogresdkwizard90_v1_5_1\Files"

5.同様に、「OgreSDKAppWizard90.vsdir」をテキストエディタで開いて、以下のように変更。

OgreAppWizard90.vsz| |OGRE Application|1|Minimal OGRE Application for testing| |6777|4096|#1154

../OgreAppWizard90.vsz| |OGRE Application|1|Minimal OGRE Application for testing| |6777|4096|#1154

6.「C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\vcprojects」をエクスプローラで開き、
先ほどの「ogresdkwizard90_v1_5_1\Files」から以下の2つをコピー。

  • OgreAppWizard80.ico
  • OgreAppWizard80.vsz

7.「vcprojects\Win32」に残りの1つをコピー。

  • OgreAppWizard80.vsdir

8.Visual Studio2008を開いてプロジェクトを新規作成する。
「OGRE SDK Project」を選択し、プロジェクト名を入力してOKを押す。
英語のウィザードが始まったら大成功です。以下、ウィザードとWikiに従ってください。

ひと段落着いたので

これから次のチュートリアル和訳を読んで勉強していきます。
Ogre Wiki - Basic Tutorials: メモブログ

*1:SDKの方。Sourceの方はなぜかバージョン8.0でインストールできなかった。

*2:恐らくこれが失敗していた、と予想している。