読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識の高いLISPマシン

藤原惟/すかいゆき(@sky_y)の技術用ブログ

NTPの設定方法 on CentOS 5.3

linux ntp

複数のノード(CentOS 5.3)で時刻合わせる必要が出てきたので,設定しました.

ntpdate と ntpdの違い

  • ntpdate

一時的な設定をするコマンド.
精度は大雑把らしいが,早く合わせたいときはこちらの方がいい.
ntpdを落とさないと使えない.

  • ntpd

定期的に同期してくれるデーモン.
設定さえすれば,ほっとくとある程度正確に合わせてくれる.
時計合わせのペースは,ntpdateよりも遅い.

設定手順

作業として

(A)自分の時計を外部のntpサーバに合わせる
(B)自分をntpサーバにして他のマシンに時計を合わせてもらう

の2つを一度にやります.混乱しないようにしましょう.

1. スーパユーザになって,/etc/ntp.conf を開く(事前にファイルをバックアップする)
$ su - # CentOS, Fedora
# vi /etc/ntp.conf
2. (A)自分の時計を外部のntpサーバに合わせる

ntpサーバは,NTP - wiki@nothing を参考に選んでください.
迷ったらntp.nict.jpで.
間違っても,福岡大学のNTPサーバ「clock.nc.fukuoka-u.ac.jp (133.100.9.2)」はダメ,絶対!!

参照先のntpサーバをとして,以下を書き込む.

restrict  mask 255.255.255.255 nomodify notrap noquery # IPアドレス指定の場合は,maskを付ける
server 

ポーリング間隔を変更する場合は,

server  minpoll 6 maxpoll 6   # 6bit = 64sec

とする.数字はbitを表していて,4 = 16sec,5 = 32sec,6 = 64secを表します.
ただし最小値は4(16sec)なのでご注意を.

3. (B)自分をntpサーバにして,他のマシンの時刻を合わせたいとき.

時刻を合わせたいマシンをとして,

restrict  mask 255.255.255.0 nomodify notrap # maskは適切なものに変える

注意:後でにログインして,手順2を忘れずに行う.
手順2のは,もちろん自分のホスト.

4.以下を実行して,ntpdを再起動.
# /etc/rc.d/init.d/ntpd stop # いったんntpdを止める
# ntpdate  # 大まかに同期
# /etc/rc.d/init.d/ntpd start
5. しばらくたってから(数分待った方がいい)
# ntpd -p

で,時刻を同期しているかどうかチェック.*印が付いていたら,OK.
*印が無ければ,もっと待つ.出力はこんな感じ.

     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ntpserver       192.168.0.1      4 u    4   16  377    0.570  -33.280   3.346
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l    5   64  377    0.000    0.000   0.002

以上です.

おまけ

今回はホストが多かったので,sshを駆使しました.

for host in host1 host2 host3 ; do
    ssh $host <コマンド>
done

これで,host1からhost3で同じコマンドを立て続けに実行できます.
昔に比べて,賢くなったもんだ!